天然水とミネラルウォーターの違い

天然水の宅配・通販RANKING

天然水とミネラルウォーターは処理方法が異なるため、水の性質にも違いがあります。

天然水TOP > 違い

天然水とミネラルウォーターの違い

天然水とミネラルウォーターはどちらも地下に蓄えられた水を原水とした飲料水です。

そのため、大半の方は市販されている天然水=ミネラルウォーターと認識しています。

しかし、天然水とミネラルウォーターは処理方法が異なっているため、水の品質にも違いがあります。

それぞれに特徴がありますので、水を購入する場合は、その商品が天然水なのかミネラルウォーターなのかしっかり確認してみることをおすすめします。

ここでは天然水とミネラルウォーターの違いを紹介します。

処理方法の違い

天然水とミネラルウォーターの最大の違いは、採水後の処理方法です。

天然水の場合、地下水を採取した後、ろ過・沈殿・加熱殺菌によって処理されます。

一方のミネラルウォーターはろ過・沈殿・加熱殺菌のほか、オゾン殺菌や紫外線殺菌などを行い、不純物を除去します。

また、ミネラルウォーターの場合、処理後に各種ミネラル分を調整・ブレンドするため、製品中のミネラルは天然ミネラルとは異なります。

天然水とミネラルウォーターどちらがいい?

天然水とミネラルウォーターは処理方法の相違により、それぞれ特徴が異なっています。

まず天然水はろ過・沈殿・加熱殺菌しか行わないため、採水時のミネラルをそのまま含有しており、天然水本来の味わいをキープしています。

一方のミネラルウォーターは化学処理によって脱臭・殺菌が行われているため、安全性が高いところが特徴ですが、同時に天然のミネラル分も失われてしまうため、別途ミネラルの配合が必要となります。

それぞれ性質が異なるので、自分の目的や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

ちなみに、天然水のウォーターサーバーを提供している業者の場合、公式サイトに水の処理方法が詳しく掲載されています。

白金ナノコロイドウォーター

白金ナノコロイドを1本350ml中8 マイクログラムと、一般市販品の約倍量配合したプロ仕様のサプリメントウォーター
platinum.proact.jp/

ダスキンの天然水

天然水サーバ美味しさ評価No1獲得 24時間お手続き可能 送料無料
drink.duskin.jp

朝霧のしずく

【放射能物質の検出なし】 富士山の恵み。今こそ安心な水を!
shop.tokai.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 天然水の宅配・通販ランキング All Rights Reserved.